建材トップランナー制度
HOMEカネライトフォームについて > 物性・規格

カネライトフォームの物性・規格

カネライトフォームの一般物性と主な用途

項目 単位 A-XPS-B-1b(1種b) A-XPS-B-2b(2種b) A-XPS-B-3b(3種b) 試験法
スーパーE- スーパーE- スーパーE- スーパーE-BK
密度 kg/ 20以上 25以上 25以上 25以上 JIS A 9511
熱伝導率 W/(m・K) 0.040以下 0.034以下 0.028以下 0.028以下 JIS A 9511
圧縮強さ N/ 20以上 20以上 20以上 20以上 JIS A 9511
曲げ強さ N/ 20以上 20以上 25以上 30以上 JIS A 9511
吸水量 g/100 0.01以下 0.01以下 0.01以下 0.01以下 JIS A 9511
透湿係数 ng/(・s・Pa) 145以下 145以下 145以下 55以下 JIS A 9511
(厚さ:25)
燃焼性   合格 合格 合格 合格 JIS A 9511
線膨張率 cm/cm・℃ 6〜8×10-5 6〜8×10-5 6〜8×10-5 6〜8×10-5 ASTM D696
加熱変形
温度
80(短期)/70(長期) 80(短期)/70(長期) 80(短期)/70(長期) 80(短期)/70(長期) カネカ法
商品の特徴
主な用途
  カットボード標準品
RC打込用途
戸建住宅用途
各種パネル
高性能カットボード
RC打込用途
戸建住宅用途
各種パネル
高性能スキン
ボード
コンクリート押え防水工法用
 
ホルム
アルデヒド
放散区分
等級 F☆☆☆☆ F☆☆☆☆ F☆☆☆☆ F☆☆☆☆

※密度、熱伝導率、圧縮強さ、、曲げ強さ、吸水量、透湿係数、燃焼性については、製品規格値です。

※燃焼性の規格は「3秒以内に炎が消えて、残じんがなく、かつ燃焼限界指示線を超えて燃焼しない」ことです。

※線膨張率はASTM法、加熱変形温度はカネカ法による測定の代表値です。

※冷凍冷蔵庫専用グレードとして「カネライトフォーム スーパーE-AK」、畳専用グレードに「カネライト畳®フォーム」もあります。

このページの先頭へ

カネライトフォームの規格

  単位 スーパーE-/スーパーE-/スーパーE- スーパーE-BK
厚み mm 20、25、30、35、40、45、50、75、100 25、30、35、40、50
910 910
長さ 1820 910

※上記以外のサイズについてはご相談ください。

カネライトフォームの生産・管理体制

カネライトフォーム®は下記の規格に適合した工場で生産・管理されています。

工場名 JIS ISO9001 ISO14001 エコアクション21
(株)カネカ 大阪工場 TC 05 08 016 JCQA-0673 JCQA-E-0053
(株)カネカ 鹿島工場 TC 03 07 450 JCQA-E-0054
北海道カネライト(株) TC 01 07 029 0001905
九州カネライト(株) TC 08 07 057 0001637
 ※エコアクション21は、環境省が策定したガイドラインに基づく環境マネジメントシステムです。

改正建築基準法への対応について

押出法ポリスチレンフォーム保温板である当社製品「カネライトフォーム」「カネライト畳フォーム」は、

  • ①原料中にクロルピリホスを一切使用しておりません。
  • ホルムアルデヒド発散建築材料ではありません。
    (ホルムアルデヒド発散建築材料を定める国土交通省告示第1113号〜1115号に押出法ポリスチレンフォーム保温板は該当しません。)

4VOC放散適合表示制度について

シックハウス対策ページの該当箇所をご覧ください。

このページの先頭へ