HOMEカネライトフォームについて > 工法・施工例

工法・施工例

カネライトフォームの工法、単体打込工法

適度な粗面を持つカネライトフォームはコンクリートとの強力な接着性を発揮します。すでにオーソドックスな工法として施工されており、屋根スラブ、床スラブ下、壁内断熱等で仕上げの多様化に適応できます。

※施工にあたっては公共建築工事共通仕様書(国土交通省 監修)の最新版をよくお読みください。

屋根の施工例

屋根の参考例イメージ

外壁の施工例

外壁の参考例イメージ

土間の施工例

土間の参考例イメージ ドマライト

ドマライトは断熱材カネライトフォームと防湿シート(ポリエチレンフィルム)を工場で一体化した製品で、工事上の多くの問題を解決するだけでなく、工期を大幅に短縮します。

内壁の施工例

内壁の参考例イメージ 石膏ボード圧着工法

石膏系接着剤をだんご付けし、石膏ボードを圧着する工法で、仕上げのレベルが出しやすいことが特長です。

このページの先頭へ

カネライトフォームの工法、内断熱工法

S-1工法

S-1工法イメージ

カネライトパネルを接着剤で躯体に張付ける工法で、カネライトパネルを使用する工法の内、もっとも多く用いられています。独立行政法人都市再生機構をはじめ、諸官庁やマンション、一般建築の防露壁などに採用されています。

コンクリート壁用後張り工法

SE工法(コンクリート壁用後張り工法)イメージ

カネライトフォームスーパーE-に専用接着剤「石膏系スチレンボンド」を専用くし目ゴテで全面に塗布し、コンクリート躯体に密着させて張付ける工法です。板状断熱材を張付けるため厚み精度が良好です。

床スラブ型枠兼用断熱工法

型枠兼用断熱工法(Kスラブ)イメージ

KスラブはカネライトフォームスーパーE-を芯材として、表面(片面)に補強材を貼り、局部圧縮及び強度をアップさせた床スラブ打ち込み用型枠を兼用する断熱パネルです。

このページの先頭へ

カネライトフォームの工法、外断熱工法

GS外断熱工法

GS外断熱工法には新築工事のための型枠打ち込み工法と改修工事のための後貼り工法があります。いずれも接着剤と特殊金具、プラグでコンクリートとカネライトフォームを固定します。
この工法のGSパネルにカネライトフォームが使用されております。工法の詳細については、日本ハウス株式会社にお問い合わせください。

外断熱型枠打ち込み工法(新築)イメージ 外断熱型枠打ち込み工法(新築)

外断熱型枠打ち込み工法は、外枠兼用の断熱パネルを、外装仕上げの割付図に基づき工場で加工し納入するため、施工の合理化、工期の短縮が計れると共に建築廃材の低減に役立ちます。コンクリートとカネライトフォームの接着強度を活かし、さらに特殊金具でコンクリートを固定します。

外断熱後貼り工法(改修)イメージ 外断熱後貼り工法(改修)

外断熱後貼り工法は、接着剤と特殊プラグでコンクリート躯体に固定する工法です。既存建物の断熱改修工事においては、居住者がそのままでも施工できます。

カネライトフォームの工法、屋上外断熱工法

屋上外断熱工法

カネライトフォームスーパーE-BKを用いた乾式工法及び湿式工法があります。

コンクリート押さえ工法<歩行用>イメージ コンクリート押さえ工法<歩行用>

外断熱工法のオーソドックスな工法として普及されている工法です。歩行用としてタイル張り仕上げなどが可能です。

カネライトフォーム(勾配品)イメージ カネライトフォーム(勾配品)

カネライトフォームを水勾配にカットし、防水の下地材としてお使いいただけます。屋根断熱材としての効果も期待できます。

カネライトブロック工法

ブロックを敷並べる乾式工法です。簡単な施工で美しいブロック模様の屋上となります。軽量乾式の特長を生かし、PC造のほか、断熱改修にも適しています。

R工法(中・低層向け軽歩行用)イメージR工法(中・低層向け軽歩行用)

ブロックと断熱材が一体化したパネルを2種類の不陸調整機能のあるジョイナーで支持。乾式工法により簡単な施工で大幅な工期短縮が可能になります。また、断熱ブロックで防水層を覆っているので厳しい外的条件(直射日光・風雨)から防水層を保護し、優れた耐久性を発揮します。表面には波紋文様が施されてあるため、目地が通りやすく、外観的にも美しい仕上がりを実現。断熱ブロックは部分的に取り外すこともできるので、メンテナンスの場合でも復元時に再使用でき、点検・修理が簡単です。

P工法<U工法>(中・低層向け軽歩行用)イメージ P工法<U工法>(中・低層向け軽歩行用)

敷きつめたカネライトフォームの上に、カネライトブロックを敷設。各ブロック間は金具で連結します。この工法により、施工期間の短縮が可能になるうえ、断熱材を確実に保護します。
断熱工事、押え工事とも同一の職種で施工ができるので、手持ちの時間もなくなります。表面には波紋文様が施されてあり、目地が通りやすく、外観的にも美しい仕上がりを実現。カネライトブロックを部分的に取り外すこともできるので、メンテナンスの場合でも復元時に再使用でき、点検・修理が簡単に行えます。

このページの先頭へ