建材トップランナー制度
HOMEカネライトフォームについて > 特長

カネライトフォームの特長

株式会社カネカ

「熱と湿気」を探究する株式会社カネカが、より快適な生活空間をつくるために自信をもって送り出した素材がカネライトフォームです。

熱資源の有効利用と快適な居住性を実現する断熱材カネライトフォームは数々の優れた特性をもっています。

断熱性、防水性に優れた人と地球に優しい外張り建築断熱材。カネライトフォーム。

優れた断熱性能です

独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込めました。
これにより、熱伝導の三要素として知られる熱の「対流・輻射・伝導」の数値を小さく固定しています。
独立気泡が熱をさえぎり、結露を抑制します。

吸水・吸湿性がほとんどありません

独立した気泡構造により、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。

人と地球に優しく

フロン及びPRTR法対象物質の発泡剤としての使用を撤廃し、ホルムアルデヒドも含まれておりません。
また、マテリアルリサイクルも可能で、グリーン購入法にも適合しています。

カネライトフォームの特長
  • 建材トップランナー制度とは
    経済産業省 資源エネルギー庁が、製品の性能をさらに向上させるように目標値を設定し、その達成を求める制度です。断熱材では、押出法ポリスチレンフォーム断熱材、グラスウール断熱材、ロックウール断熱材の3種類が対象となっています。押出法ポリスチレンフォーム断熱材の平成34年目標基準値は、熱伝導率0.03232[W/(m・K)]と定められています。

    詳細経済産業省HP

このページの先頭へ